カードローンの審査基準

カードローンの審査基準で1番大事にされるところは定期的に安定した収入があることです。

安定した収入がなければ審査に通ることはまずないでしょう。
勤続年数が半年~1年以上と長ければ長いほど有利になり、返済能力があると判断され審査は通りやすくなります。

業者によっては異なりますが年齢条件を満たしているかです。だいたいは20歳以上70歳未満であること多いです。

必要書類は?


そしてカードローン申し込み時に必要とされるのが本人確認種類です。
運転免許証・パスポート・健康保険証・住民票・印鑑証明書・住民台帳カード・運転経歴証明書・在留カード・特別永住者証明書のいずれかの1点の提出。
役所からわざわざ取り寄せたりしなくて済む運転免許証が多くの方に利用されています。

自営業の方や借り入れの限度額50万円以上など場合によっては収入証明書の提出も必要とされます。
源泉微収票・課税証明書・住民税決定通知書のいずれかの1点になります。
これらの書類を提出することができない場合は審査に通ることは不可能でしょう。

過去に返済の遅延、延滞をしていないか。
信用情報に記録されていますのでそちらも重要視されるので注意しましょう。

在籍確認は?


もちろん在籍確認の電話もあります。
記入した勤務先に本当に働いているのかを確かめます。
電話がかかってきて本人が不在の場合でも在籍が確認されればOKです。

ポイント


申し込みの際に記入の間違いや、インターネットによるWEB申し込みなら入力ミスが無いようにすることと、すべて嘘偽りなく本当のことを記入または入力することが大事です。
自分で最終確認を行いましょう。